肩・腰・膝の痛みなら津田沼整体室へ

整体師のつぶやき
2021/11/09

足のトラブルと歩き方

整体には足のむくみやだるさ膝の痛みなど、足のトラブルで来られるお客様も多くみられます。

普段無意識に歩いている歩き方も不調の原因だったりします。

まずは正しい歩き方を日頃から意識しトラブルが怒らないようにしていきましょう。

正しい歩き方・・・踵から接地しつま先で蹴りだす
[補足] 歩行時膝をしっかり伸ばす事を心掛けると循環も良くなり、足が太くなりにくい

正しい靴底の減り方・・・つま先内側寄りかかとの外側寄りが削れてくる

(踵からつま先までしっかり体重移動が出来ている状態)

 

次に足の不調トラブルが起こりやすい歩き方をしてないか?
靴底の減り方を見てセルフチェックしてみましょう。

 

[靴底の減り方 つま先だけ削れてくる]

姿勢は猫背気味になり頭が前に出ている

ハイヒールを履いている女性に多い減り方。

筋力がないと腰痛の原因になりやすいので注意

 

[靴底の減り方 かかと全体が削れてくる]

足首や親指ひざ関節が使えていない。歩行時の衝撃を腰で受けるため

腰痛になりやすく運動不足で肥満になりやすいので注意。

 

[靴底の減り方 つま先かかと共に内側が削れてくる]

内股歩きしている。

ひざ関節がうまく使えていないため運動能力が低下

重心が内側のためバランスが悪く転倒注意。

内ももが太く見える

 

[靴底の減り方 つま先かかと共に外側が削れてくる]

ガニ股歩きしている。

足首やひざ関節が使えていないためひざ関節の内側に力がかかる。

結果内側の軟骨に負荷がかかり変形性ひざ関節症になりやすい。

 

以上の様に正しい歩行が出来ていない場合不調の一因になりやすくなるので、正しい歩行を心がけましょう。