肩・腰・膝の痛みなら津田沼整体室へ

整体師のつぶやき
2022/04/23

けがが治った後のケア

骨折などのけがをして、完治したはずなのに痛みがある場合があります。

その場合、けがをしていた部分を動かさなかったことによって筋肉や関節が硬くなり、痛みが出てしまっていることがあります。

けがが治っている(炎症が治まっている)のであれば、どんどん動かしてあげた方が良いです。その時に小さく動くのではなく、動かせる最大の範囲で色々な動きをゆっくりしてあげると効果が高いです。動かすと痛い場合は痛すぎない範囲で動かすと良いです。

例えば、手首を痛めた後は、手首を動かすだけでなく、手をグーパーするもの効果的です。

一度硬くなってしまうとやわらかくなるまで少し時間がかかりますが、動かしていくうちに痛みは減少してくると思います。