肩・腰・膝の痛みなら津田沼整体室へ

整体師のつぶやき
2020/10/20

日常での姿勢と柔軟性

よくあぐらをかくと片側は組めるのに、片側は組みづらいなど、柔軟性に左右差がある方がいます。

これは子供の時からの座り方の癖から来ている可能性があります。

片側だけ自然とストレッチをしていることがあるからです。

他にも、

正座はももの前が伸びる

座ったまま足を伸ばすとももの裏が伸びる(長座)

このように日常生活で自然ととっている姿勢がストレッチになっていたりします。

 

ももの裏が硬い方(前屈が苦手な人)は膝を曲げて座りがち(あぐら、体育座りなど)なので、

意識的に膝を伸ばして座る癖をつけると、自然とストレッチがかかるので、意識してみて下さい。