肩・腰・膝の痛みなら津田沼整体室へ

整体師のつぶやき
2022/09/02

湿布の使い分けについて

どうしても体が辛い時に、湿布を貼る方がいらっしゃいます。根本的に症状が良くなるわけではないですが、症状の緩和に効果があります。

湿布には大きく分けると冷感タイプと温感タイプの2種類がありますが、どっちを貼った方がいいのかわからないと聞かれることがあります。そこでおススメの使い方をお伝えしたいと思います。

まず、温感湿布は疲労から来る辛さや慢性的な症状の場合に使うと良いです。温めることで血行が良くなるので、疲労物質が流れやすくなります。

冷感湿布は、炎症が起きている場合や急性の痛み、関節が痛い場合などにおススメします。冷やすことで炎症を抑えたり、冷感湿布の多くに鎮痛成分が含まれているので、痛みが収まったりします。

目安は、「疲れてるなぁ、凝ってるなぁ」は温湿布、「痛いなぁ、腫れてるなぁ」は冷感湿布を使うと良いです。

頼りすぎるのは良くないですが、いざというときには役に立つので、参考にしてみて下さい。