肩・腰・膝の痛みなら津田沼整体室へ

整体師のつぶやき
2020/08/26

水分補給で気を付けたいこと

熱中症対策やむくみ対策で、多く水分を摂る人が増えています。

その取っている水分が「ただの水」である場合、飲むペースに注意が必要です。

たくさんの水分を一気に飲むと、体内の水分が多くなり、体内にある栄養素が薄まることになります。

特にナトリウム濃度が低くなると様々な不調が出てきます。

これを水中毒といいます。

水中毒になると、初めは食欲不振や体のだるさ、頭痛などの症状が出てきて、もっとひどくなると意識がもうろうとしてきます。

これを予防するには、飲む水分を経口補水液など塩分を含んだものを飲む、もしくは水分を摂るペースを下げることが重要になります。

1時間に1リットル以上飲む人は注意が必要です。

汗をかいた分、水分を摂る必要がありますが、飲むものやペースにも気を配りながら、熱中症対策をしましょう。