肩・腰・膝の痛みなら津田沼整体室へ

整体師のつぶやき
2022/08/03

腰痛と座り方について

腰痛がある人は、大体同じような座り方をしています。

それは骨盤が後ろに倒れている座り方です。

この座り方はお尻で座っているような状態になります。

座っている本人的には楽に座っているつもりだと思いますが、体にとっては高負荷です。

お尻の筋肉に圧迫が多く加わるので、筋肉も硬くなりやすく、その下にある神経も圧迫し痺れにつながることもあります。

また、体重が坐骨ではなく、下部腰椎に加わるのでその部分の動きが硬くなり、腰痛に繋がります。

坐骨は、ももの付け根の部分あたりにあるので、お尻で座るというよりももで座るように意識した方が、腰痛は出にくいです。

座り方ひとつで辛さの出にくさも変わるので、意識してみて下さい