肩・腰・膝の痛みなら津田沼整体室へ

整体師のつぶやき
2020/11/25

体の辛さと座り方

デスクワークの方は、一日中座りっぱなしで、腰痛やお尻、足のむくみ張りなどの症状がでやすいです。
津田沼整体室に通っているお客様の中でもそのような症状の方が多いです。

しかし、座り方を気をつけるだけで症状が軽減します。
それは、両足裏を床につけるということです。

よくある座り方が

・足を組む

・椅子の下で足首をクロスさせる

など、足の裏がついていないことが多いです。

なぜ足の裏をつけたほうが良いかというと、上半身の体重が足に逃げるからです。
足がついていない方はお尻や腰に重みが伝わるため、腰痛になりやすいのです。

身長が低い方でも足を乗せる台など椅子の下に置き、やってみてください。

 

椅子に座る際、モモウラで椅子に座るように意識をすると自然と良い姿勢になります。

お尻で座ろうとすると猫背になりやすいので、座り始めらから気をつけてみてください。