肩・腰・膝の痛みなら津田沼整体室へ

津田沼整体室の施術紹介

私たちが行っている施術の手技をご紹介させていただきます。

筋肉調整整体

硬くなっている筋肉をほぐします。
まずは、そこに関連している筋肉を緩め、一番辛い箇所が緩みやすくなる環境を作ってから、主訴の部分をほぐしていきます。
ほぐし方も症状や部位によって、下記のように使い分けます。

筋肉調整

 

「痛気持ちいい」強さを伺いながら、ほぐしていきます。
指圧時に身体の力がうまく抜ける方はイタ気持ちいいより少し強めの圧の方が効果的な場合もあります。
押されている筋肉の感覚と反応を見て、お客様の様子をお聞きしながら強さは調整していきます。

ストレッチ調整


筋肉を伸ばした(ストレッチした)状態でほぐしていきます。
左右の筋肉の片方はストレッチをかけながら、もう一方はストレッチをかけずになど、症状の左右差を考えながらほぐしていきます。

ストレッチ指圧矯正

 

硬く凝り固まった箇所は、周りの筋肉に悪影響を及ぼします。
そういった箇所にはピンポイントで指圧を行い、コリをほぐしていきます。

骨格調整整体

主に頚椎・肩甲骨・背骨・骨盤の調整を行います。
硬くなり収縮した筋肉は、これらの骨格も簡単に動かし体を歪ませます。
骨格が正しい位置・動きになるようお体に合う技術で調整をしていきます。

瞬間圧矯正

 

お体に負担がかからぬよう、瞬間的な圧を加えて骨に動きをつけていきます。
写真では座位で背骨の矯正を行っています。

持続圧矯正

 

写真では横向きの体勢で肩甲骨の骨格調整を行っています。
筋肉を緩めた後、肩甲骨を正しい位置に固定し、そのまま持続圧をかけ、骨の位置を元に戻す方向に矯正していきます。

ストレッチ矯正

 

写真は股関節・骨盤の骨格調整です。
体全体を使い、固定と調整を同時に行い、ジワリと圧をかけ続けます。

肩甲骨牽引矯正

 

肩甲骨を動かすため、直接肩甲骨脇に指を差し込みゆり動かします。
いわゆる「肩甲骨はがし」です。肩甲骨まわりの筋肉のほぐしと同時に行う事によって、周辺の血流が一気に改善します。
肩甲骨から筋肉をはがすという意味ではその他、やり方が色々あります。(ストレッチ・運動・指圧など)
お体に合うやり方で、はがしていきます。

頭蓋骨整体 (頭蓋骨の縫合調整)

頭蓋骨や頭皮、その下の筋肉も、体と同様に歪み、硬くなります。
頭皮をほぐし、ピースに分かれる頭蓋骨を動かすことによって、血行が良くなり、クマ、くすみ・むくみのほか、頭痛・疲労感・不眠などの症状も解消されます。
また歪みが矯正されることで、お顔全体がリフトアップし、左右のバランスが整い表情が変わります。
卒業式や成人式など、大事な写真を撮る前に来られる方が多くいらっしゃいます。

頭蓋骨縫合調整

 

頭蓋骨をただ押すのではなく、縫合を狙って押圧をかけていきます。
縫合とは頭蓋骨同士が繋がっている部分のことです。
痛みを感じやすい部位でもありますので、強さをお聞きしながら行います。
縫合が緩んでくると副交感神経優位になりやすく、全身の緊張状態が解消されます。

 

 

 

私たちと一緒にお顔のバランスを確認し、歪んでいる箇所を確認して頂きます。
施術後に、目が開きお顔全体が上がっていることを実感していただけると思います。

オイル整体

むくみ、だるさ、疲労感が強い方に効果あります。 筋肉を緩めるファイテンクリームを使用し、強めの圧で、筋肉の深層までアプローチし、全身をほぐしながら老廃物を流します。

指圧流し

 

老廃物の排出が滞り貯まると、むくんだり・筋肉が固くなるといった症状があらわれます。
むくみは、デスクワーク、運動不足、水分不足、足首が硬い、ふくらはぎが硬い方にでやすい症状です。
筋肉の深い所を、横方向に持続的に圧をかけ老廃物を流していきます。

肘圧流し

 

背骨の両脇の筋肉に溜まっている老廃物を押し流します。
写真は筋肉の深い所まで肘圧をかけたまま、背骨際を上下方向に押しずらしているところです。
ゴリゴリと痛むところが老廃物です。
老廃物がつぶれていくと、ウソのように施術の痛みが無くなります。
背骨際を圧をかけながら流すことで骨を正常位置に戻していきます。

ポイントオイル整体

体のねじれは、歩き方・立ち方・座り方のクセによって骨格がゆがみ、筋肉の柔軟性がなくなることが原因となります。
硬くなった筋肉の深い所まで、垂直方向の指圧と横方向に流すオイル整体を組み合わせることで、ゆがんだ骨格が戻りやすくなり、ねじれ改善の相乗効果が期待できます。
施術箇所を絞って流す為、いつもの施術内に組み入れることができます。

ポイントオイル矯正(ヒザ)

 

すね・太ももの筋肉の深い所を圧をかけて横方向に流します
膝のねじれに繋がっている関連筋を連動して、歪みと逆方向に流していくので矯正効果が高い施術です。
上の写真はヒザが外側にねじれているので、すね・太ももまわりの筋肉を内側の方向に押し流しました。

 

 

~ヒザのねじれビフォアフター~

 

すね・太もも周りのポイントオイルを行い、40年以上、外を向いていた右足が改善してきています。

ポイントオイル矯正(肩まわり)

 

左肩が上がっているので、左側の肩・肩甲骨まわりの僧帽筋を下の方向に押し流します。
この「押し流す」施術は筋肉を緩めながら骨を動かすこともできます。

 

 

~施術前後の方の高さ比較~

 

肩・肩甲骨周りのポイントオイル施術を行い、肩の高さが揃いました。