肩・腰・膝の痛みなら津田沼整体室へ

整体師のつぶやき
2022/08/23

座りっぱなしの時の股関節

長時間座りっぱなしでいると、肩こりや腰痛に繋がっていきますが、股関節の動きにも影響が出てきます。

一つは股関節がずっと「くの字」の状態になり、股関節が伸びなくなります。お尻の筋肉も硬くなるため、曲げにくくもなります。

2つめは、足首や膝を動かさないので、その部分が硬くなり、股関節の動きの負荷が高くなり、周りの筋肉が硬くなったりし、股関節の痛みに繋がります。

また、股関節周りの筋肉だけでなく、例えば胸周りの筋肉や背中の筋肉が硬くても股関節の動きが悪くなる事があります。これは筋膜が影響していたりします。

在宅勤務が増えてくると、体を動かす機会がぐっと減ります。最低でも1時間に一回立ち上がって、部屋の中を歩いたり、屈伸をしたりして体を動かしたり、一日10回でもいいのでスクワット運動を取り入れると、股関節だけでなく体全体もほぐれてくるので、是非試してみて下さい。